コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チミジンキナーゼ チミジンキナーゼ thymidinekinase

2件 の用語解説(チミジンキナーゼの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

チミジンキナーゼ(thymidinekinase)

デオキシチミジンDNAの構成成分)を燐酸化する酵素癌(がん)細胞ではこの酵素の活性が高い。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

チミジンキナーゼ

 [EC2.7.1.21].チミジンまたはデオキシチミジンの5ヒドロキシル基ATPからリン酸を1分子結合させる反応を触媒する酵素.ミトコンドリア型,シトゾル型が知られている.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チミジンキナーゼの関連キーワードチミンアジドチミジン粉微塵微塵骨灰微塵縞微塵棒身慎莫チミジル酸チミジンミジンマメタニシ