コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャイヤー Chaiya

世界大百科事典 第2版の解説

チャイヤー【Chaiya】

タイ南部,マレー半島中北部の町。かつてナコーンシータマラート(チャイヤーの南東140km)出土と伝えられてきた碑文(リゴール碑文)が,実はチャイヤーより出たものとされて注目された。この碑文は775年のもので,その中にスリウィジャヤと称する王国名が含まれていた。この王国は唐代の漢籍史料が伝える室利仏逝国を指すと考えられ,チャイヤーはスリウィジャヤ王国の都の跡であろうと,おもにタイの学者によって主張され,さらに唐代の仏教僧義浄が留学したのもこのチャイヤーではないかと推定されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

チャイヤーの関連キーワード東南アジア美術タンブラリンガブッダダーサ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

チャイヤーの関連情報