チャイルド・アビュース(読み)ちゃいるどあびゅーす(英語表記)child abuse

知恵蔵の解説

チャイルド・アビュース

貧困、家庭崩壊、地域社会の崩壊などに起因する、精神的、肉体的児童虐待全般を指す語。性的ニュアンスを含むことも少なくない。1980年代以降激増したのは、離婚の増加、WASP的モラルの脆弱(ぜいじゃく)化の進行などに加えて、被害者の多数を占める女性の地位が向上し、虐待という概念が確立されたからでもある。全米児童虐待防止センターによると、被害者の平均年齢はおよそ7歳。虐待や養育放棄の通報は年300万件に及ぶ。親を更生させて被害の再発を未然に防ぐことが対策の中心で、更生の兆しのない親に対しては、裁判所が親権停止を命ずることとなる。虐待の要因をかかえる家庭を訪問し、子供を「緊急保育所」に一時的に預けた上で、親を支援する手立てを講じるなど、虐待が起きる前の対処にも重点が置かれるようになってきている。

(井上健 東京大学大学院総合文化研究科教授 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

オフサイドトラップ

サッカーの守備の戦術。攻め込んでくる選手とすれ違うように守備側選手が一斉に前へ出て、攻撃側の選手をオフサイドの位置に残すもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android