チャガン・テムル(察罕帖木児)(読み)チャガン・テムル(英語表記)Chaghan Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャガン・テムル(察罕帖木児)
チャガン・テムル
Chaghan Temür

[生]?
[没]至正22(1362)
中国,元末の武将。沈邱 (河南省) の人。字は延瑞。諡は献武。祖父以来河南に居住し,勢力を伸張。至正 12 (1352) 年義勇兵をつのって江淮の群盗を破り,汝寧府のダルガチ (達魯花赤) を賜わって以来歴戦し,同 16年中書兵部尚書に累進,ボロト・テムル (孛羅帖木児) と並ぶ軍閥に成長し,元軍を支えた。のち劉福通の紅巾軍を討伐敗走させ,山東の紅巾軍の田豊らを下し,同 20年頃には河南,河北,山東,陝西を回復し,翌年中書平章政事になったが,益都を攻略中に寝返った田豊に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android