コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャガン・テムル(察罕帖木児) チャガン・テムルChaghan Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャガン・テムル(察罕帖木児)
チャガン・テムル
Chaghan Temür

[生]?
[没]至正22(1362)
中国,元末の武将。沈邱 (河南省) の人。字は延瑞。諡は献武。祖父以来河南に居住し,勢力を伸張。至正 12 (1352) 年義勇兵をつのって江淮の群盗を破り,汝寧府のダルガチ (達魯花赤) を賜わって以来歴戦し,同 16年中書兵部尚書に累進,ボロト・テムル (孛羅帖木児) と並ぶ軍閥に成長し,元軍を支えた。のち劉福通の紅巾軍を討伐敗走させ,山東の紅巾軍の田豊らを下し,同 20年頃には河南,河北,山東,陝西を回復し,翌年中書平章政事になったが,益都を攻略中に寝返った田豊に殺された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャガン・テムル(察罕帖木児)の関連キーワードボロト・テムル(孛羅帖木児)河南省至正群盗

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android