コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロト・テムル(孛羅帖木児) ボロト・テムルBolod Temür

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロト・テムル(孛羅帖木児)
ボロト・テムル
Bolod Temür

[生]?
[没]至正25(1365)
中国,元末の反乱軍討伐に活躍したタシ・バトル (答失八都魯) の子。至正 18 (1358) 年父の死後その軍を率いて,翌年大同に根拠を移し,上都,遼陽方面の紅巾軍を平定。河南のチャガン・テムル (察罕帖木児) と並ぶ元軍の支柱となったが,チャガン・テムルと激しく対立し,その没後は子のココ・テムル (拡廓帖木児) と争い,同 24年中書右丞相となり,政権を掌握した。しかしかねて対立していた皇太子とココ・テムルの一派に反撃され,まもなく部下に殺された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ボロト・テムル(孛羅帖木児)の関連キーワードアーユシュリーダラ(愛猷識理達臘)チャガン・テムル(察罕帖木児)ココ・テムル(拡廓帖木児)至正

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android