コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ボロト・テムル(孛羅帖木児) ボロト・テムル Bolod Temür

1件 の用語解説(ボロト・テムル(孛羅帖木児)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ボロト・テムル(孛羅帖木児)
ボロト・テムル
Bolod Temür

[生]?
[没]至正25(1365)
中国,元末の反乱軍討伐に活躍したタシ・バトル (答失八都魯) の子。至正 18 (1358) 年父の死後その軍を率いて,翌年大同に根拠を移し,上都,遼陽方面の紅巾軍を平定。河南のチャガン・テムル (察罕帖木児) と並ぶ元軍の支柱となったが,チャガン・テムルと激しく対立し,その没後は子のココ・テムル (拡廓帖木児) と争い,同 24年中書右丞相となり,政権を掌握した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ボロト・テムル(孛羅帖木児)の関連キーワード階乗Nエヌ至正没・歿勃・歿・没N末端残基Diaz de la Peña,N.Politeia tōn Romaiōn