コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダルガチ Darughachi

世界大百科事典 第2版の解説

ダルガチ【Darughachi】

モンゴル帝国,元朝を通じての官職。ダルガチとはモンゴル語で〈征服者,圧制者〉を意味し,〈総督,総管〉などと漢訳される。チンギス・ハーンが西征の際,新たに占領した都市に代官,総督としてダルガチを置き,治安維持・統治に当たらせたのが起源。チンギス・ハーン時代は,征服地支配のための,徴税,駅伝,戸口調査などのあらゆる職務を担当した。のち中国進出が始まると,中央アジア地域での都市ごとの点の統治は実情に合わなくなり,複数のダルガチの上に立って広い管区を受け持つダルガチを設けた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダルガチ
だるがち
darughachi

13~14世紀のモンゴル帝国、元朝の官職名。漢籍では「監」「正印官」などと記される。「鎮圧する」「押す」というモンゴル語daru-に由来する名称であろう。中央アジア、中国といった占領地の行政長官で、モンゴル人、色目人(しきもくじん)が任ぜられた。[松田孝一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のダルガチの言及

【元】より

…地方官制も太祖元年(1206)の制定にかかる千戸制(88功臣をもって95の千戸が任命された)に基づいて,これまた軍民兼領の千戸長Mingghan・百戸長Jaghunがモンゴル系・トルコ系遊牧民の統治を担当するものだった。もっとも新たな経略地に対しては,とくにダルガチ(監督官)が派遣されて服属国に課せられた義務(戸口調査,募兵,軍糧調達,貢賦徴収,駅伝設置)の履行を監視し督促したが,現地の有力者を安堵してその旧態支配を容認した当時の実情を考えると,目付役としてのこのダルガチ官は厳密な意味でのモンゴル統治制度とはいいがたいかもしれない。しかしながら経略の進展に伴って属領の範囲が拡大し,その隷属度にも安定が加わってくると,これら広大な地域に対しても中央からする自主的・一元的統治の必要と意欲が生じてくる。…

※「ダルガチ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ダルガチの関連情報