チャタル・ヒュユク遺跡(読み)チャタル・ヒュユクいせき(英語表記)Çatalhüyük

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャタル・ヒュユク遺跡
チャタル・ヒュユクいせき
Çatalhüyük

トルコ中南部,コンヤ近郊にある新石器時代の遺跡。1961~65年,イギリスの考古学者ジェームズ・メラートによって調査された。アナトリア高原上の先史文化の編年の基準になっている。人工の丘(テル)で,東西二つのテルからなる。先土器新石器文化層のある東のテルには漆喰の床と壁のある方形多数の部屋をもつ建物群があり,二階建てのものもあったと推測されている。また多くのウシの頭の彫刻のある部屋もあり,これは一種の神殿であったと考えられている。黒曜石を磨いた円鏡(→)をはじめ,石器,土器が多数発見されている。食用の穀物やナッツの栽培,畜産も認められる。2012年世界遺産の文化遺産に登録された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android