コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャビン・デ・ワンタル遺跡 チャビン・デ・ワンタルいせきChavín de Huántar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャビン・デ・ワンタル遺跡
チャビン・デ・ワンタルいせき
Chavín de Huántar

ペルーの首都リマの北 300km,ブランカ山中の村チャビンに残る遺跡。チャビン文化の中心地であったことを裏づける神殿遺跡の一つで,前 900~前 200年頃のものと推定される。現在約 300m2の神域に大小の石造建築物が残り,「城塞」と呼ばれる主神殿にはジャガー神を表す奇怪な石彫が安置されている。主神殿からは当時の技術の高さを物語る装飾土器も多数出土しており,これらと同じ様式がアンデス各地で広く確認されることから,アンデス文明の発祥地とみなされている。なお,チャビン文化が衰退した時期,理由については解明されていない。 1985年世界遺産文化遺産に登録。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャビン・デ・ワンタル遺跡の関連キーワード深発地震立石都美深発地震ミサイルと関連技術の移転規制MTCRノドン弾道ミサイルノドンテポドン海溝プラネットC

今日のキーワード

VR蓮舫

民進党・蓮舫代表による国会審議での追及をVR(仮想現実)空間で体験できるゲーム。専用のゴーグルを装着すると映像が流れ、国会の場に立つ総理大臣として蓮舫代表に追及される疑似体験が楽しめる。体験者は器具で...

続きを読む

コトバンク for iPhone