チャンタン(羌塘)高原(読み)チャンタンこうげん(英語表記)byang thang; Qiangtang gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンタン(羌塘)高原
チャンタンこうげん
byang thang; Qiangtang gaoyuan

ツァンペイ (蔵北) 高原ともいう。中国西部,チベット (西蔵) 高原の北西部をなす高原。チャンタンとはチベット語で「北方平原」を意味し,平均標高は 4500mをこえる。北はクンルン (崑崙) 山脈とタンラ (唐古拉) 山脈,南はカンティセ (岡底斯) 山脈とニェンチェンタンラ (念青唐古拉) 山脈に限られる。東西 2400km,南北 700km。チベット自治区の3分の2を占める。丸みを帯びたゆるやかな丘陵の間に多くの盆地があり,比高は数百mにすぎない。月平均気温は冬は-20~-10℃で,夏も 10℃をこえず,年降水量も 200mm以下の寒冷乾燥気候であるが,日照に恵まれ,草生が豊富。特に 370といわれる淡水湖,塩湖の周囲には草地が発達しており,ヒツジ,ヤク,ヤギなどの放牧に適する。野生の鳥獣が多く,漢方薬材も豊富である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

政府開発援助

政府ベースの経済協力の一つで,特に先進国政府が発展途上国の経済開発などを促進するため財政資金を使って供与する援助。 (1) 2国間での直接援助と,(2) 国際機関を通じての多国間援助に分けられる。直接...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android