コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャンタン(羌塘)高原 チャンタンこうげんbyang thang; Qiangtang gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンタン(羌塘)高原
チャンタンこうげん
byang thang; Qiangtang gaoyuan

ツァンペイ (蔵北) 高原ともいう。中国西部,チベット (西蔵) 高原の北西部をなす高原。チャンタンとはチベット語で「北方平原」を意味し,平均標高は 4500mをこえる。北はクンルン (崑崙) 山脈とタンラ (唐古拉) 山脈,南はカンティセ (岡底斯) 山脈とニェンチェンタンラ (念青唐古拉) 山脈に限られる。東西 2400km,南北 700km。チベット自治区の3分の2を占める。丸みを帯びたゆるやかな丘陵の間に多くの盆地があり,比高は数百mにすぎない。月平均気温は冬は-20~-10℃で,夏も 10℃をこえず,年降水量も 200mm以下の寒冷乾燥気候であるが,日照に恵まれ,草生が豊富。特に 370といわれる淡水湖,塩湖の周囲には草地が発達しており,ヒツジ,ヤク,ヤギなどの放牧に適する。野生の鳥獣が多く,漢方薬材も豊富である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャンタン(羌塘)高原の関連キーワードニェンチェンタンラ(念青唐古拉)山脈カンティセ(岡底斯)山脈ムズタグ(木孜塔格)山ナクチュ(那曲)地区ガリ(阿里)地区チベット高原ナムツオ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android