チャンタン(羌塘)高原(読み)チャンタンこうげん(英語表記)byang thang; Qiangtang gaoyuan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャンタン(羌塘)高原
チャンタンこうげん
byang thang; Qiangtang gaoyuan

ツァンペイ (蔵北) 高原ともいう。中国西部,チベット (西蔵) 高原の北西部をなす高原。チャンタンとはチベット語で「北方平原」を意味し,平均標高は 4500mをこえる。北はクンルン (崑崙) 山脈とタンラ (唐古拉) 山脈,南はカンティセ (岡底斯) 山脈とニェンチェンタンラ (念青唐古拉) 山脈に限られる。東西 2400km,南北 700km。チベット自治区の3分の2を占める。丸みを帯びたゆるやかな丘陵の間に多くの盆地があり,比高は数百mにすぎない。月平均気温は冬は-20~-10℃で,夏も 10℃をこえず,年降水量も 200mm以下の寒冷乾燥気候であるが,日照に恵まれ,草生が豊富。特に 370といわれる淡水湖,塩湖の周囲には草地が発達しており,ヒツジ,ヤク,ヤギなどの放牧に適する。野生の鳥獣が多く,漢方薬材も豊富である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android