チャーグ・ストラウス症候群(読み)ちゃーぐ・すとらうすしょうこうぐん(英語表記)Churg-Strauss syndrome

知恵蔵miniの解説

チャーグ・ストラウス症候群

全身の末梢血管に炎症が生じる疾患。「アレルギー性肉芽腫性血管炎」とも呼ばれる。一般に、気管支喘息アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状が先行して現れ、数年後、全身の末梢血管に炎症が起こる。これにより、発熱、体重減少、末梢神経障害紫斑、関節痛・筋肉痛、腹痛、胃・腸の消化管出血などの症状が引き起こされる。まれに脳出血・脳梗塞、心筋梗塞・心外膜炎、消化管穿孔などの重篤な臓器障害が生じる場合もある。30~60歳での発症が多く、やや女性に多く見られる。ステロイド薬による治療が一般的で、治療には1年以上を要する。早期治療によって血管の炎症は治癒するが、末梢神経障害が残ったり、再発したりするケースもある。患者数が少なく原因の究明が困難であることから、厚生労働省による難治性疾患克服研究事業の対象疾患の一つに指定されている。

(2014-2-20)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android