コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャーグ・ストラウス症候群 ちゃーぐ・すとらうすしょうこうぐんChurg-Strauss syndrome

1件 の用語解説(チャーグ・ストラウス症候群の意味・用語解説を検索)

知恵蔵miniの解説

チャーグ・ストラウス症候群

全身の末梢血管に炎症が生じる疾患。「アレルギー性肉芽腫性血管炎」とも呼ばれる。一般に、気管支喘息アレルギー性鼻炎などのアレルギー症状が先行して現れ、数年後、全身の末梢血管に炎症が起こる。これにより、発熱、体重減少、末梢神経障害、紫斑、関節痛・筋肉痛、腹痛、胃・腸の消化管出血などの症状が引き起こされる。まれに脳出血・脳梗塞、心筋梗塞心外膜炎、消化管穿孔などの重篤な臓器障害が生じる場合もある。30~60歳での発症が多く、やや女性に多く見られるステロイド薬による治療が一般的で、治療には1年以上を要する。早期治療によって血管の炎症は治癒するが、末梢神経障害が残ったり、再発したりするケースもある。患者数が少なく原因の究明が困難であることから、厚生労働省による難治性疾患克服研究事業の対象疾患の一つに指定されている。

(2014-2-20)

出典|朝日新聞出版
知恵蔵miniについて | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チャーグ・ストラウス症候群の関連情報