コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チャートシー Chertsey

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チャートシー
Chertsey

イギリスイングランド南東部,サリー県北西部,ラニーミード地区の町。ロンドンの西南西約 35km,テムズ川右岸に位置し,対岸とは 1785年に建設された七つアーチをもつ石橋で結ばれている。666年この地方で最初のベネディクト会修道院が建設されたことに始まり,エドワード王(在位 1042~66)の治世には大きな村に発展,1129年に勅許を得て以降市場町として繁栄。農業地帯の中心地で,園芸を中心とした農業のほか,各種機械工業が行なわれる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

チャートシーの関連キーワードアンドルー シンプソンティム ブラバンツ

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android