チャールズ キッテル(英語表記)Charles Kittel

20世紀西洋人名事典「チャールズ キッテル」の解説

チャールズ キッテル
Charles Kittel


1916.7.18 -
米国物理学者
カリフォルニア大学バークレー校物理学教授。
ニューヨーク生まれ。
MIT(マサチューセッツ工科大学)で物理を専攻した後、1938年ケンブリッジ大学を卒業。’41年ウィスコンシン大学で学位を取得する。’46年MITに、’47年よりベル電話研究所に勤務し、’50年カリフォルニア大学バークレー校物理学教授。強磁性体固体物理学を研究、とくに共鳴現象を利用した固体内電子状態の研究で知られる。著書「固体物理学入門」は教科書として著名である。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android