チャールズ・ジョセフ ウォルフ(英語表記)Charles Joseph W0lf

20世紀西洋人名事典の解説

チャールズ・ジョセフ ウォルフ
Charles Joseph W0lf


1827 - 1918
フランスの天文学者。
元・モンペリエー大学教授,元・パリ大学教授。
モンペリエー大学教授を経て、1862年パリ天文台に勤務。子午儀による観測、天文時計の改良などに従事した後、スペクトル観測に転じた。スリット、レンズのない直視分光器の考案、’67年ライエとともに、現在ウォルフ・ライエ星と呼ばれるスペクトルW型の最初の星を発見。そのほか水星の黒滴現象の解明、プレアデス星団の最初のカタログを発表した。’92年パリ大学教授となり「パリ天文台史」をはじめ、宇宙誕生に関する論文などを執筆した。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android