コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チュラロンコーン Chulalongkorn

デジタル大辞泉の解説

チュラロンコーン(Chulalongkorn)

[1853~1910]タイのバンコク朝第5代の王ラーマ5世の通称。在位1868~1910。行政・司法・軍事制度の西欧化による中央集権の確立、奴隷制廃止などの近代化政策を通じて国力を充実し、独立を保持した。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

チュラロンコーン
ちゅらろんこーん

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

チュラロンコーンの関連キーワードラーチャトン アヌマーンチュラロンコーン大王祭チュラロンコーン大学ラーマ(5世)ラーマ(4世)ラーマ五世タイ(国)プミポン石井米雄ラーマ