チョモ・ラーリ[山](英語表記)Chomo Lhari

世界大百科事典 第2版の解説

チョモ・ラーリ[山]【Chomo Lhari】

ブータン・チベット境にあるブータン・ヒマラヤの山。標高7315m。チベット語で〈女神の山〉の意でチベット人の聖山の一つ。インドからチベットへの通路であったチュンビ渓谷からよく見え,1937年イギリスのF.S.チャップマンがチベット側からブータンに入り,南稜から東面にまわりこんで登頂,70年にインド・ブータン合同隊(N.クマル隊長)がブータン側から登頂した。ブータンの山は一般の登山隊には公開されていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

栄典制度

社会に対する功労者の栄誉を表彰するために国法上与えられる特殊な地位に関する制度。大日本帝国憲法時代には,爵,位,勲章および褒章があり,その授与は天皇の大権事項であった(15条)。日本国憲法下にいたって...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android