チョモ・ラーリ[山](英語表記)Chomo Lhari

  • チョモ・ラーリ

世界大百科事典 第2版の解説

ブータン・チベット境にあるブータンヒマラヤの山。標高7315m。チベット語で〈女神の山〉のチベット人の聖山の一つ。インドからチベットへの通路であったチュンビ渓谷からよく見え,1937年イギリスのF.S.チャップマンがチベット側からブータンに入り,南稜から東面にまわりこんで登頂,70年にインド・ブータン合同隊(N.クマル隊長)がブータン側から登頂した。ブータンの山は一般の登山隊には公開されていない。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で使用できる仮想通貨の一つ。日本円のような法定通貨とは異なり、通貨としての機能を持つ電子データであり、1ビットコインは、1BTCという単位で表記される。仮想通貨と似たものに、オンライン...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android