コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チリ津波 チリつなみChilean Tsunami (of 1960)

1件 の用語解説(チリ津波の意味・用語解説を検索)

海の事典の解説

チリ津波

1960年5月24日わが国を襲った近代以後最大の遠地津波。チリ沖で起きたマグニチュード8.5の地震によって起きた津波はチリ沿岸で20mを超し、 23~24時間後わが国を襲い、数mの高さに達し、三陸地方を中心に全国で死者122、行方不明20の被害をもたらした。津波の周期は長く40分程度で あった。この津波はハワイ島ヒロ等にも大きな被害を与え、これを契機として国際的な太平洋津波警報組織が確立された。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター
海の事典について | 情報

チリ津波の関連キーワードメタボリズム安保闘争朝鮮映画電子工業日本社会党韓国市民運動農家経済第5世代コンピューターR.E.M.

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チリ津波の関連情報