コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

遠地津波 えんちつなみ

大辞林 第三版の解説

えんちつなみ【遠地津波】

日本の沿岸から600キロメートル 以遠に発生した地震によって生じる津波。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

海の事典の解説

遠地津波

その地点で地震波動を感じないような遠方の地震による津波。1960年5月24日に日本を襲ったチリ津波がその典型的な例である。これはチリ沖の地震に よって起こされたもので、わが国の三陸沿岸に大きな被害を与えた。陸棚上で発生した津波の外洋へのエネルギーは、主として海岸線に垂直に放射される。チリ の海岸線に垂直な線がわが国の海岸に直交していることが、チリ沖で発生した津波がわが国にも被害を与える一因である。 (永田)

出典|(財)日本水路協会 海洋情報研究センター海の事典について | 情報

遠地津波の関連キーワード低圧線全国丼サミットバナー広告朝日訴訟朝日訴訟遣隋使防衛計画の大綱統合国際深海掘削計画オクトーバーフェストSVGA

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

遠地津波の関連情報