コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァイゼ塩 ツァイゼえん Zeise’s salt

1件 の用語解説(ツァイゼ塩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ツァイゼえん【ツァイゼ塩 Zeise’s salt】

化学式K[PtCl3(C2H4)]・H2O。トリクロロ白金(II)酸カリウムの俗称。1830年ころツァイゼW.C.Zeiseにより初めてつくられた。ツァイゼは塩化白金(IV)をエチルアルコールで処理し,塩化カリウムを加えてつくった。塩化白金(II)の塩酸溶液に直接エチレンを通じても得られる。黄色結晶。融点170~180℃。[PtCl3(C2H4)]の構造はPtを中心とする平面正方形の頂点に3個のClとC2H4の中心とがあり(図),C2H4はC―C軸を平面に垂直にして二重結合で配位しており,不飽和炭化水素を配位する錯体として得られた最初のものである。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ツァイゼ塩の関連キーワード塩化金化学当量式量シトロネロールホスホン酸化学式酸化砒素熱化学方程式硫化鉄グラム式量

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone