コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツァイゼ塩 ツァイゼえんZeise’s salt

世界大百科事典 第2版の解説

ツァイゼえん【ツァイゼ塩 Zeise’s salt】

化学式K[PtCl3(C2H4)]・H2O。トリクロロ白金(II)酸カリウムの俗称。1830年ころツァイゼW.C.Zeiseにより初めてつくられた。ツァイゼは塩化白金(IV)をエチルアルコールで処理し,塩化カリウムを加えてつくった。塩化白金(II)の塩酸溶液に直接エチレンを通じても得られる。黄色結晶。融点170~180℃。[PtCl3(C2H4)]の構造はPtを中心とする平面正方形の頂点に3個のClとC2H4の中心とがあり(図),C2H4はC―C軸を平面に垂直にして二重結合で配位しており,不飽和炭化水素を配位する錯体として得られた最初のものである。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ツァイゼ塩の関連キーワードエチルアルコール塩化白金

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android