コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェサレツ August Cesarec

世界大百科事典 第2版の解説

ツェサレツ【August Cesarec】

1893‐1941
ユーゴスラビアの作家。クロアチア人。若くして暗殺事件にかかわり投獄された。第1次大戦に従軍,戦後,共産党に入党する。クルレジャとともにザグレブでさまざまな雑誌を編集し,革命的思想を鼓吹した。《詩集》(1919),旅行記《今日のロシア》(1937)のほか,戯曲,小説と作品数は多い。いずれも社会の正義と発展を求めたもの。ドイツ,イタリアの枢軸国軍のユーゴスラビア占領後まもなく,ウスタシャ(クロアチアのファシスト集団)によって銃殺された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のツェサレツの言及

【ユーゴスラビア】より

…20世紀のクロアチア文学はクルレジャに指導されたといえよう。彼は戦前ツェサレツAugust Cesarec(1893-1941)らと雑誌を通じて革命運動を推進し,あらゆるジャンルで多彩な才能を発揮した。またナゾルとコバチッチIvan Goran Kovačić(1913-43)はパルチザン戦争に身を投じて自己改革を行ったユニークな詩人である。…

※「ツェサレツ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ツェサレツの関連キーワード東欧演劇