コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツェルメロの公理 ツェルメロのこうり Zermelo's axiom

1件 の用語解説(ツェルメロの公理の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツェルメロの公理
ツェルメロのこうり
Zermelo's axiom

ツェルメロの選択公理ともいう。 E.ツェルメロは,G.カントルが考えた命題「任意の集合は整列集合に直すことができる」を,1904年に次のような公理を仮定して証明した。すなわち「任意の集合はすべての部分集合 (空でない) に,それぞれの代表元を同時に対応させることができる」というものである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ツェルメロの公理の関連キーワード選択公理ツェルメロいか焼きプレッツェル紀州うめプレッツェルルツェルン・フェスティバルアペンツェル・キャトル・ドッグ新興コンツェルンツェルメロの集合論ツェルメロ=フレンケルの集合論ツェルト

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone