コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

選択公理 せんたくこうり axiom of choice

2件 の用語解説(選択公理の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

せんたくこうり【選択公理 axiom of choice】

選出公理ともいう。空集合φを含まない集合族(集合の集合)に対して,それに属する各集合からそれぞれ一つずつ元を一挙に選び出してそれらの全体がまた集合になるようにできるという集合論の命題である。換言すれば,集合族に属する集合がいずれも空集合でないとき,すべてのFに対して,f(F)∈Fを満たす写像が存在するという陳述である。このような写像f選択関数という。G.カントルは〈いかなる集合もその元の間に適当に順序を定義して整列集合にすることができる〉(整列可能定理)が成り立つことを予想していたが,1904年,E.ツェルメロ選択公理を初めて提出し,これを用いて整列可能定理を証明した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

選択公理
せんたくこうり

ツェルメロの公理」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の選択公理の言及

【集合論】より

…カントルが集合と定義した内容のものは必ずしも集合ではないので,それを領域と呼ぶことがある。 また,公理のうちで,特別視されているものに選択公理がある。それは,〈ある集合Mの部分集合の集りNがあり,Nの各元は空集合でないとき,Nの各元sに対して,sの元を一つずつ対応させることができる〉というものであり,何となく当然のように聞こえるが,これを公理として取り上げる理由は,Nが非常に大きい濃度をもっているかも知れないので,〈ものすごい無限回の操作をいっぺんにすます〉という特殊なことを含んでいる。…

※「選択公理」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

選択公理の関連キーワード差集合積集合考慮集合空集合集合族補集合可算集合冪集合可測集合選出公理

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

選択公理の関連情報