コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツォリンガー Zollinger, Albin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツォリンガー
Zollinger, Albin

[生]1895.1.24. チューリヒ
[没]1941.11.7. チューリヒ
スイスの詩人,小説家。アルゼンチンで過した4年間を除き,終生チューリヒ郊外で教師をつとめた。詩集『秋の静けさ』 Stille des Herbstes (1938) ,小説『大いなる不安』 Die grosse Unruhe (39) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツォリンガー
つぉりんがー
Albin Zollinger
(1895―1941)

スイスの詩人、小説家。チューリヒに生まれ、小学校教員としてそこに暮らした。両大戦間の混乱と価値空白の時代にあって、超歴史的な自然、偉大な人間像、戦闘的な理念をもって、狭隘(きょうあい)で自足的なスイスの市民社会に鋭く対立する作品を生み出した。代表作は『詩集』(1933)、詩集『秋の静寂』(1939)、長編小説『半人間』(1929)など。[白崎嘉昭]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ツォリンガーの関連キーワードスイス文学

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android