コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツガザクラ(栂桜) ツガザクラPhyllodoce nipponica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツガザクラ(栂桜)
ツガザクラ
Phyllodoce nipponica

ツツジ科の高山性の常緑小低木で,本州と四国の高山帯に生じ,いわゆる乾性お花畑の構成種である。高さ 10~15cm,ときに 25cmに及ぶ。茎の下部は横にはい,分枝して上部は直立する。葉は長さ5~8mmの線形で,上面は濃緑色,下面は帯褐色で縁に微鋸歯があり,茎に密に互生する。7月頃,枝の先端から2~3の花柄を上方に伸ばし,淡紅色で可憐な鐘状花を横向きにつける。 蒴果は小さくて上を向く。葉が針葉樹のツガに,花の色がサクラに似ているとして名がつけられている。本州中部以北と北海道の高山には同属アオノツガザクラ P. aleuticaがあり,全体にやや大型で花は緑白色で壺形をしている。この種はアジア東北部の寒帯や高山に広く分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ツガザクラ(栂桜)の関連キーワードツツジ科

今日のキーワード

届け出挙式

婚姻届を提出した後、そのまま自治体の役所で結婚式を挙げること。2017年2月、北海道苫小牧市が結婚情報誌「ゼクシィ」(リクルート)からの協力を受けて実施した。これを始まりとして、三重県鈴鹿市や東京都足...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android