ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)(読み)ツキヌキニンドウ(英語表記)Lonicera sempervirens; coral honeysuckle; trumpet honeysuckle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツキヌキニンドウ(突抜忍冬)
ツキヌキニンドウ
Lonicera sempervirens; coral honeysuckle; trumpet honeysuckle

スイカズラ科のつる性常緑低木で,北アメリカに分布する。日本原産のスイカズラ (別名ニンドウ) と同属で,茎が葉を貫いているようにみえることから和名がつけられた。属名のロニケラの名で流通することもある。花冠は漏斗形で2唇形,明るい橙黄色に紅色を帯びる。スイカズラと違って香りはないが,トレリスパーゴラ,フェンスなどにからませると美しい。本来は常緑であるが,寒地では落葉し,やや育ちにくい。日当りと水はけのよい環境を好み,挿木でふやすことができる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android