コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツベルクリン検査 つべるくりんけんさ

家庭医学館の解説

つべるくりんけんさ【ツベルクリン検査】

 結核(けっかく)の診断法として、もっとも役立つ検査の1つです。
 ツベルクリンとは結核菌がもつたんぱく質を精製したものです。結核菌が体内に入ると、このたんぱく質に対する抗体ができてアレルギー反応がおこることを利用して、結核菌の有無を調べることができるのです。
 その方法は、細い注射針で0.1mℓのツベルクリン液を皮内に注入します。直径1cmほどのじんま疹(しん)のような形に皮膚がふくれれば正確に入ったことになります。少し血が出ることが多いのですが、すぐ止まります。
 48~72時間後に、注射したところを見て判定します。少し硬くふくれたり、赤くなったり(発赤(ほっせき))します。日本の基準では、発赤のもっとも長いところ(長径)の長さをはかって判定します。
 乳児期のツベルクリン検査で、BCGをしていないのに発赤の長径が30mm以上なら、結核菌が体内に入っている可能性が高いので、予防的に薬を飲みます。
 これは厚労省が決めた基準によるものですが、10mm以上ならば、予防内服をしたほうがよいという意見もあります。
 10mm以下なら、BCGをします。
 BCGをしていたり、結核患者と接触していた場合は、別の基準でX線写真をとったり、薬を飲んだりします。

出典 小学館家庭医学館について 情報

ツベルクリン検査の関連キーワード子どもの結核X線写真肺結核BCG

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android