コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ツルダコ(蔓蛸) ツルダコFreycinetia boninensis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルダコ(蔓蛸)
ツルダコ
Freycinetia boninensis

タコノキ科のつる性植物で,小笠原諸島に特産する。茎は長さ 10m以上にも伸び,他の樹木にからんだり地面をはう。幅3~5cm,長さ 20cmあまりの剣状の葉を互生し,葉縁にはとげ状の鋸歯が並ぶ。林中の日陰のものでは葉は軟らかいが,稜線の裸地に生じるものは非常に強壮である。雌花は長さ 20cmほどの棍棒状の花穂をつくって密集し,雄花は黄白色の軟らかい包葉に包まれておしべだけの花がつく。台湾や南西諸島には本種によく似た同属別種ツルアダン F. formosanaがあり,ほぼ同様の生態をしている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

ツルダコ(蔓蛸)の関連キーワードタコノキ科

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android