コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テアニン テアニンtheanine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テアニン
theanine

グルタミン酸エチルアミドのこと。 C2H5NHCOCH2CH2CHNH2COOH の化学式で表わされる。無色結晶,分解点 217~218℃。乾燥茶葉から見出されたアミノ酸で,水に易溶,エチルアルコールエーテルに不溶。加水分解するとL-グルタミン酸エチルアミンを生じる。玉露に1%あまり含まれていて,玉露のうまみ成分の一つである。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

テアニン(theanine)

アミノ酸の一。緑茶のうま味成分で、抹茶や玉露に多く含まれる。脳の神経細胞を保護し、興奮を鎮めたり緊張を和らげたりする。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

栄養・生化学辞典の解説

テアニン

 C7H14N2O3 (mw174.20).

 グルタミン酸エチルアミド.高級緑茶のうま味成分.

出典|朝倉書店栄養・生化学辞典について | 情報

世界大百科事典内のテアニンの言及

【チャ(茶)】より

…日本では10a当り窒素48kg,リン酸16kg,カリ24kgを年3~4回に分けて施用するのが一応の基準である。緑茶のうまみは原葉中のアミノ酸,とくにテアニンtheanineの多少と関係が深く,窒素多用によりうまみが増加する。そのため品質向上を目指してきわめて多量の窒素(150kg以上)を投与する場合があり,かえって根を損傷することがある。…

※「テアニン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テアニンの関連キーワード脱水アルキルテトラエチル鉛四エチル鉛チーグラー触媒アルキル基エチルピペリジンエーテルエチル基

テアニンの関連情報