コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティエンタイシャン(天台山)山脈 ティエンタイシャンさんみゃくTiantai shan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティエンタイシャン(天台山)山脈
ティエンタイシャンさんみゃく
Tiantai shan

中国東部,チョーチヤン (浙江) 省東部にある北東から南西方向の山地。最高峰は南西部のホワティン (華頂) 山で,標高 1138m。3世紀頃から名山として知られ,道士などの修行地であったが,太建7 (575) 年智 顗が入山して天台宗の根本道場とした。隋の煬帝が建立した国清寺を中心に多数の寺院や仏教遺跡がある。唐代には寒山,拾得が住んだといわれる。ニンポー (寧波) にも近く,奈良時代以降,多くの日本留学僧が修行している。長く老人,女性の登頂は困難といわれてきたが,自動車道が通じた。山頂には智 顗が経をあげたといわれる拝経台があり,日の出見物の名所となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ティエンタイシャン(天台山)山脈の関連キーワードタイチョウ(台州)地区

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android