ティチーノ川(読み)ティチーノがわ(英語表記)Fiume Ticino

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティチーノ川
ティチーノがわ
Fiume Ticino

スイス南部からイタリア北部を流れる,ポー川の支流。全長 248km。スイスとイタリアの国境付近のヌーフェネン峠 (2440m) 付近に源を発し,パビアの南東約 6kmでポー川に注ぐ。スイス領の流域にはイタリア系の住民が多い。マッジョーレ湖付近は保養地として名高い。水力開発も進み,マッジョーレ湖より上流はスイスの,トーチェ川との合流点から下流はイタリアの電力源となっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティチーノ川
てぃちーのがわ
Ticino

スイス南部とイタリア北西部を流れる川。全長248キロメートル、流域面積7228平方キロメートル。サン・ゴタルド山塊のノベーナ峠近くに源を発し、マッジョーレ湖を経て、蛇行しながら南東流し、パビーアの南東7.5キロメートルでポー川に合流する。ロンバルディアとピエモンテ両州の平野部では、灌漑(かんがい)用水として広く利用され、集約的農業を発達させている。航路としても使われる。河畔は第二次ポエニ戦争(前218)の古戦場。[堺 憲一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android