ティッシュペーパー

精選版 日本国語大辞典「ティッシュペーパー」の解説

ティッシュ‐ペーパー

〘名〙 (tissue paper)
① 薄葉(うすよう)紙。貴重品などの包装に用いる上質紙。
② 薄くやわらかい上質のちり紙。ティッシュ。
※虫(1970)〈黒井千次〉「ティッシュペーパーを分厚く持った手で彼はその虫を拾いあげた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ティッシュペーパー」の解説

ティッシュ‐ペーパー(tissue paper)

薄い上質のちり紙。ティッシュ。
高級品の包装などに用いる薄葉紙(うすようし)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のティッシュペーパーの言及

【薄葉紙】より

…坪量(単位面積当りの重量)の少ない薄い紙の総称。ティッシュペーパーtissue paperともいう。20~30g/m2のものが多く,化学パルプを原料とするが,インディアペーパー,シガレットペーパーでは麻や綿も使用される。…

【紙】より

…金網の進行につれて繊維がその方向に並ぶことと,乾燥時の力のかかり方の差があることから紙は縦と横で性質が異なる。ティッシュペーパーが一方向に破れ易いのはこの例である。高級印刷をするアート紙は紙の上に粒度の細かい顔料を結合剤と混ぜて塗って高い光沢と平滑性を持たせている。…

【化粧紙】より

…以前は化粧落し用高級ちり紙と考えられていたが,現在はいわゆるティッシュペーパー(フェーシャルティッシュfacial tissue)と同義語で,後者のほうがよく用いられている。家庭用薄葉紙の一品種で,耐水性があり,強度もあるが柔らかで,毛羽(けば)がたちにくく紙粉のないことが重要な性質である。…

【抄紙機】より

…多筒式ドライヤーのほかに直径の大きな1個のドライヤーで乾燥するのがヤンキーシリンダーである。ティッシュペーパーはヤンキーシリンダーで乾燥して作るが,紙をドライヤーからはがすときクレーピングドクターでかきとるので微小なしわが紙にできる。そのためティッシュペーパーは柔らかな手触りとなる。…

※「ティッシュペーパー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android