塵紙(読み)チリガミ

  • ×塵紙
  • ちりし

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 楮(こうぞ)の外皮のくずですいたり、屑紙をすき返したりして作った粗末な紙。表面に塵滓(かす)があるのでいう。鼻紙や落とし紙として用いた。また、一般に鼻紙や落とし紙のこと。ちりし。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※浮世草子・好色一代男(1682)四「塵紙(チリガミ)にて細工に、双六の盤をこしらへ」
※夢声戦争日記〈徳川夢声〉昭和一七年(1942)一一月一七日「彼女はチリガミのことをチリシ、チリシというので始め分らなかった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android