コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ちり紙 ちりがみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ちり紙
ちりがみ

廃物利用の下等紙のこと。本来は手漉(す)き和紙の材料であるコウゾ(楮)やミツマタ(三椏)などを前処理する際にたまる、余分の外皮などのくずを集めて漉いた。宮城県白石(しろいし)地方では、コウゾの外皮を薬品を使わずに自然発酵で精製して漉いたものをちり紙といい、外皮のくずを主原料としたかす紙とは区別している。塵紙(ちりがみ)の名はすでに1506年(永正3)の『実隆公記(さねたかこうき)』にみられる。1777年(安永6)刊の木村青竹(せいちく)編『新撰紙鑑(しんせんかみかがみ)』には「およそ半紙の出るところみな塵紙あり、半紙のちりかすなり」とあるように、江戸時代には各地で種々のちり紙が生産され、鼻紙、包み紙、紙袋、壁紙、屏風(びょうぶ)や襖(ふすま)の下張りなどに広く用いられた。また、ちり紙はその産地によって名前が異なり、江戸の浅草紙や京都の西洞院紙(にしのとういんがみ)などは、故紙(こし)(古紙)を漉き返した最下級品のもので、もっぱら、落とし紙に用いられた。しかし同じちり紙でも、江戸の桜花紙(さくらばながみ)や福岡県八女(やめ)市の京花紙(きょうばながみ)などは、純コウゾ製の白くて薄手の上級品であった。現在では、ほとんどが機械漉きになり、コウゾ皮で漉いたちり紙以外の紙でも、鼻紙などに用いる紙は、一般にちり紙とよんでいる。原料は故紙がほとんどである。[町田誠之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ちり紙の関連キーワードティッシュペーパートイレットペーパー落とし紙・落し紙イトマンソフトちり紙(塵紙)ソフトフラワーサンローレルコールド三菊ちり(塵)紙マイホーム紙子臭いハナギリイトマン西洞院紙やすらぎ合切袋落し紙浅草紙里の雪ぎおん

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちり紙の関連情報