コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティティモンキー(英語表記)titi monkey

世界大百科事典 第2版の解説

ティティモンキー【titi monkey】

霊長目オマキザル科ティティ属Callicebusに属する新世界ザルの総称。比較的小型で,長くて柔らかい毛をもち,ヨザルとともにオマキザル科の中では原始的なものと考えられている。頭胴長30~35cm。マスクティティC.personatus,ダスキーティティC.moloch(イラスト),エリマキティティC.torquatusの3種が区別される。南アメリカの熱帯降雨林に生息する樹上生活者で,果実,葉,昆虫などを食べる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティティモンキー
てぃてぃもんきー
titi monkey

哺乳(ほにゅう)綱霊長目オマキザル科ティティ属に含まれる動物の総称。この属Callicebusの仲間は、オマキザル科のなかでは小形で、体重は約1キログラム、頭胴長は28~39センチメートル。マスクティティC. personatus、ダスキーティティC. moloch、およびエリマキティティC. torquatusの3種が区別される。マスクティティは南東ブラジルだけに分布するが、他の2種はアマゾン川、オリノコ川およびパラグアイ川上流域の広範囲にわたって分布する。基本的には果実食であるが、葉や昆虫も食べる。大人の雄と雌各1頭、それに1、2頭の幼い個体からなるペア型集団が、大きな声を発して独自の縄張りを保って生活する。[西邨顕達]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android