コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティドール島 ティドールトウ

デジタル大辞泉の解説

ティドール‐とう〔‐タウ〕【ティドール島】

Pulau Tidore》⇒ティドレ島

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティドール島
てぃどーるとう
Tidore

インドネシア、モルッカ諸島の一島。ハルマヘラ島西岸沖に位置する。面積約77平方キロメートル。火山島で南部にキマタブー火山(1730メートル)がそびえる。肥沃(ひよく)な土壌は香料、コーヒー、タバコなどの栽培に適する。とくに香料は古くからの産地で、かつてのティドール土侯国の経済を支えた。1521年からインドネシアの独立までの424年間、ポルトガル、スペイン、オランダ、日本の順に支配された。中心地は東岸のソアシウSoasiu。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ティドール島の関連キーワードマジェラン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android