ティドール島(読み)ティドールトウ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ティドール島
てぃどーるとう
Tidore

インドネシア、モルッカ諸島の一島。ハルマヘラ島西岸沖に位置する。面積約77平方キロメートル。火山島で南部にキマタブー火山(1730メートル)がそびえる。肥沃(ひよく)な土壌は香料、コーヒー、タバコなどの栽培に適する。とくに香料は古くからの産地で、かつてのティドール土侯国の経済を支えた。1521年からインドネシアの独立までの424年間、ポルトガル、スペイン、オランダ、日本の順に支配された。中心地は東岸のソアシウSoasiu。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android