ティベル川(読み)ティベルがわ(英語表記)Tevere

旺文社世界史事典 三訂版の解説

アペニン山脈にを発し,イタリア中部を流れる川
イタリア第二の大河ローマ市内を流れるため,古代ローマの建国以来,イタリアの発展に大きなかかわりをもった。古くはティベリス川といい,現在はイタリア語でテベレ川,英語ではタイバー川という。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android