コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティルトアップ工法 ティルトアップこうほうtilt-up construction method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティルトアップ工法
ティルトアップこうほう
tilt-up construction method

サイトプレハブ工法一種。大型コンクリート板を建て起して組立てる工法。地上で屋根,壁,床などの大型コンクリート板を製作し,クレーンなどで吊上げて組立て,建物を構築する。 1907年アメリカで初めて採用された。プレキャストコンクリート建築工法の一種で,クレーン,電気溶接の発達とともに進歩した。ジョイントは現場打ちコンクリートとする湿式法と,溶接または高張力ボルトで締付ける乾式法とがある。この工法によると,完成材として地上で生産するので,労力と型枠費の節約ができる,天候に左右されない,機械化生産が可能である,など多くの利点があって,世界的に行われている。現在では相当大型のコンクリート板でも,工場で生産して,大型トラックで現場に運搬する,建築の工場生産化が進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ティルトアップ工法【ティルトアップこうほう】

建設現場で大型のコンクリート板(PCパネル)を製作した後,組み立てて建造する工法。普通,パネルは,床パネル,外壁パネル,間仕切パネルに分けられ,これをクレーンでつり上げて組み立てる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

ティルトアップこうほう【ティルトアップ工法】

建設現場でコンクリート板を製造し、クレーンで建て起こして組み立てる工法。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のティルトアップ工法の言及

【大型パネル工法】より

…現在においても大型パネル工法は5,6階建て以下の中層集合住宅に数多く用いられている。
[ティルトアップ工法]
 大型パネル工法と似た工法にティルトアップ工法tilt‐up construction methodがある。これはあらかじめ建設現場の地上面で外周壁などの大型パネルを製作し,その後,このパネルを立て起こし組み立てる建築の施工法である。…

※「ティルトアップ工法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android