コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ティン・ペ Tin Pe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティン・ペ
Tin Pe

[生]1917
ビルマ (現ミャンマー) の軍人,政治家。高校卒業後独立運動に参加,のち義勇軍に入り,ネ・ウィン将軍と行動をともにしつつ頭角を現した。 1962年革命評議会委員,のち各閣僚を歴任。軍部内急進派の指導者としてビルマ型社会主義路線を推進,ネ・ウィン首相の片腕として活躍し,一時はネ・ウィンに次ぐ実力者といわれたが,70年末サン・ユらとの権力闘争に敗れて失脚した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

20世紀西洋人名事典の解説

ティン・ペ
Tin Pe


1917 -
ビルマの政治家。
元・救済再定住・国民団結・社会福祉相。
救済再定住・国民団結・社会福祉相、陸軍准将、郡補給総監を経て、独立運動に参加。義勇軍に入り、ネ・ウィン将軍とともに活躍する。1962年より革命評議会委員を務めている。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

ティン・ペの関連キーワードクリストファー リーヴジム コープリーリンダ ハント7月12日私の中の夢

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android