ティーチングプレーバック方式(読み)ティーチングプレーバックほうしき(英語表記)teaching playback method

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ティーチングプレーバック方式
ティーチングプレーバックほうしき
teaching playback method

ロボットに作業を教えるときに,実際にロボットのハンドを直接動かしながら教えていき,これを連続的に記憶装置に記録し,プレーバック (再生) することによって作業を再現する方式。教示再生方式ともいう。このような教示法をオンライン・ティーチングといい,初期の産業用ロボットにはこの方式が多く用いられており,プレーバックロボットと呼ばれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ティーチングプレーバック‐ほうしき〔‐ハウシキ〕【ティーチングプレーバック方式】

teaching playback system》ロボットのアクチュエーターに、まず手動その他で所定の動きをさせて記憶装置に残し、以後は記憶装置から取り出した信号により、ロボットを駆動する方式。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android