コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テシクタシュ人骨 テシクタシュじんこつTeshik Tash skeleton

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テシクタシュ人骨
テシクタシュじんこつ
Teshik Tash skeleton

ウズベキスタン,サマルカンドの南,アフガニスタンとの国境近くにあるテシクタシュ洞穴で,A.オクラドニコフによって 1938年に発見された化石人骨。進歩したムスティエ文化の遺物とヤギ,ウマ,クマ,ハイエナなどの動物化石を伴っている。時代は第3間氷期あるいは第4氷期といわれる。発見された人骨は9歳ぐらいと思われる子供のもので,頭蓋は大きくふくらみ,後頭部はやや平たいが,ヨーロッパの典型的ネアンデルタール人類よりも高い。脳容量は約 1490cm3で年齢のわりに大きい。眼窩上隆起は強く,鼻根部はあまり陥没しない。また (おとがい) の発達は弱い。総じて西アジアの進歩的ネアンデルタール人類と類似している。しかし,椎骨,鎖骨,上腕骨,大腿骨,脛骨などの部分的に発見された体の骨は現生人類とほとんど変らない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

テシクタシュ人骨の関連キーワードウズベキスタン

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android