コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テストーリ テストーリTestori, Giovanni

2件 の用語解説(テストーリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テストーリ
テストーリ
Testori, Giovanni

[生]1923.5.12. ノバーテミラネーゼ
[没]1993.3.16. ミラノ
イタリアの小説家。方言を交えた内的独白の手法を使って,おもに工業都市問題と,都市周辺の下層プロレタリアートの生活を描く。主著『ギゾルファの橋』 Il ponte della Ghisolfa (1958) ,『アリアルダ』L'Arialda (1961) ,『愛』L'amore (1968) ,『永遠に』 Per sempre (1970) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テストーリ
てすとーり
Giovanni Testori
(1923―1993)

イタリアの作家。ミラノ近郊のノバーテに生まれ、カトリック大学で哲学を修める。絵画研究に打ち込んだのち作家活動に入り、処女小説『ロゼーリオの神』(1954)から、短編集や戯曲などを経て長編小説『大工場』(1961)に至る一連の作品において、ミラノ周辺の下層社会を大胆に方言を取り入れた文体で描き、ガッダパゾリーニに代表される言語実験主義の傾向を示した。その後はカトリシズムに戻り、教訓的な詩や戯曲を発表した。[林 和宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

テストーリの関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)有島武郎伊藤野枝トルストイ長崎大学梁思成大森房吉ギューリック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone