コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テセイオン Thēseion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テセイオン
Thēseion

アテネのアゴラにある古代ギリシアのヘファイストス神殿テセウスの彫刻があるので,中世以後,一般にテセイオンの名で知られている。前 449年起工,約 30年後に完成。建築家の名は不明。ドーリス式,周柱式で柱は6柱× 13柱。パロス大理石を使用。中世には聖堂として用いられたので,最も破損の少い古代ギリシア神殿として現存している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

テセイオン

アテネにあるドリス式の小神殿。前450―前440年の建造。メトーペの浮彫が英雄テセウスを題材としているので,中世以来テセウスの神殿とみられ,この名がついたが,実際はヘファイストスの神殿とされている。犯罪人などの庇護(ひご)所。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

テセイオン【Thēseion】

アテネにあるドリス式神殿。紀元前450~440年頃建造。正式にはヘファイストス神殿(ヘファイステイオン)。守護神アテナと鍛冶神ヘファイストスに捧げた神殿。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテセイオンの言及

【ヘファイストス】より

… 彼はもともと小アジアの火山地帯の火の神で,それがエーゲ海上のレムノス島を経由してギリシア本土に入り,火を使うすべての職人の守護神となったものと考えられる。崇拝の中心地は,レムノス島やシチリア島の北に浮かぶリパリ諸島などの火山島と,工業人口の多かったアテナイで,アテナイのアゴラの西側には,前5世紀中ごろに造営されたドリス式の神殿ヘファイステイオンHēphaisteion(かつては誤ってテセイオンThēseionと呼ばれた)が,ほぼ完全な姿のまま残っている。美術作品では,小さな丸帽子をかぶり,槌その他の道具を手にした有髯の中年男で表現されることが多い。…

※「テセイオン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android