コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テッポウウリ squirting cucumber

翻訳|squirting cucumber

1件 の用語解説(テッポウウリの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

テッポウウリ【squirting cucumber】

地中海地方からカフカス地方付近に野生するウリ科のつる性多年草であるが,日本では一年草的に栽培される。茎は地表をはって四方に広がり,全体に粗い毛が密生している。葉は互生して長い葉柄があり,三角状心形で,縁は多少波状にちぢれ,多肉質である。巻きひげはない。花は雄花と雌花があり,共に黄色で花冠は5裂している。果実は長楕円形,長さ約7cm,表面には粗い毛が密生し,熟すと黄色くなり,柄から離れる時,柄のとれた穴から勢いよく種子を射出する性質があるところから,テッポウウリという名がついた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のテッポウウリの言及

【ウリ(瓜)】より

…子房は下位で多くは3室があり,側膜胎座に多くの胚珠をつけるものが多いが,まれに少数のものがある。果実は液果状で,ふつうは裂けないが,ゴキヅル(イラスト)のように中央で横にふたをとるように裂けるもの,テッポウウリのように熟して果実が柄からはなれると,内部の果液とともに種子を射出するものもある。 ウリ類の果実の形,色,果肉の性質などは,メロン類,カボチャ類,それにヒョウタンに見られるように変異に富み,ときには同一種でありながら全然別物に見えることもあるし,利用のしかたがまるで異なることもある。…

※「テッポウウリ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

テッポウウリの関連キーワードアゼルバイジャン東海地方エスパドリーユカフカス蒸かすふかふかカフカス山脈カフカスの火薬庫西カフカス地中海式岩石群

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone