コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テテュス Tethys

翻訳|Tethys

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テテュス
Tethys

ギリシア神話の女神ウラノスガイアの結婚から生れたティタン神族の一員で,兄弟のオケアノスと結婚し,世界中のすべての河川と,オケアニデスと呼ばれる,いずれも美貌の無数の水の女神たちの母となったとされる,海の豊穣力を神格化した母神的存在。世界の西のはてに住むとされる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のテテュスの言及

【オケアノス】より

…神話の系譜上はウラノス(天)とガイア(大地)の息子としてティタン神族の一員であったが,この神族とゼウスとの戦いでは後者にくみし,地位を保全した。海の女神テテュスTēthysとの間に河川やその流域を意味する3000の息子と3000の娘オケアニデスŌkeanidesを生んだ。【辻村 誠三】。…

【川】より

…【吉川 忠夫】 古代ギリシア人は,オケアノスという巨大な川が円盤の形をした大地の果てを環のように取り巻いており,世界中の川や泉の水はすべてそこから流れてくると信じていた。その数が3000といわれる地上の川はすべて,男神でもあるオケアノスが妹の水の女神テテュスTēthysを妻にめとって生ませた息子たちで,オケアニデスŌkeanidesと呼ばれるこれも3000人の水の精たちは,その姉妹とされていた。豊饒の源である反面で好色でもあり,自在な変身の能力をもつと見なされていた河神たちの性質は,その長兄ともいわれるアケロオスAchelōosに関する神話に特によく表れている。…

※「テテュス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テテュスの関連キーワードギリシア神話イアペトスステュクススティクスエレクトラアケロオステチス海ディオネペイトヘラ

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android