コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テノール記号 テノールキゴウ

デジタル大辞泉の解説

テノール‐きごう〔‐キガウ〕【テノール記号】

tenor clefハ音記号の一。五線の第4線を一点ハ音としたもの。声楽のほか、チェロファゴットなどの声部に使用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

テノールきごう【テノール記号】

五線譜の第四線に記されるハ音記号。中音部記号。 → 音部記号

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内のテノール記号の言及

【音部記号】より

…(2)ヘ音記号は第4線上がヘ(f)音であることを示し,低音部記号とも呼ばれる。(3)ハ音記号は一般に3種類が用いられ,中央ハ(c1)音が第1線上にあるもの(a)をソプラノ記号,第3線上にあるもの(b)をアルト記号またはビオラ記号,第4線上にあるもの(c)をテノール記号と呼ぶ。以上の種々の音部記号は,できるだけ加線の使用を避けるため,声や楽器の音域によって使い分けられる(図)。…

※「テノール記号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

テノール記号の関連キーワードテノール音部記号

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android