テペ・マルリク遺跡(読み)テペ・マルリクいせき(英語表記)Tepe Marlik

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イランの北西部にある古墓遺跡。 1961~62年イラン考古局の E.ネガバンによって調査され,前2千年紀末頃から前1千年紀初め頃の王墓など約 50基の古が発掘された。墓は自然の岩山の頂部に,切り石や自然石,粘土を用いて構築され,武具類を副葬した男子の墓,装身具類を伴う女子の墓,馬と馬具を埋葬した墓が発見された。出土遺物としては打出し文様のある金製深鉢,土製人物小像,土製動物像,円筒印章,金製ペンダント,青銅製剣などがあり,この時代の地方芸術の特色を示している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

マラドーナ

[生]1960.10.30. ブエノスアイレスアルゼンチンのサッカー選手。アルゼンチンリーグ 1部に史上最年少の 15歳でデビュー。代表チームにも 16歳4ヵ月の最年少デビューを果たした。1979年,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android