コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テラ・フィルメ terra firme

世界大百科事典 第2版の解説

テラ・フィルメ【terra firme】

アマゾニア(アマゾン川流域)の,主として第三紀の堆積物から形成された,洪水時の最高水位でも浸水しない高地のこと。〈堅い土地〉の意で,バルゼア(氾濫原)とともに代表的な二つの地形の一つ。アマゾン盆地の約90%を占め,熱帯雨林に覆われているが,高温・多雨の気候下であるため,溶解質の無機成分が溶脱されたり,有機物が急速に分解されるので,土壌は本質的に不毛である。熱帯降雨林に覆われたテラ・フィルメでは,天然ゴムやパラ栗の採取など伝統的産業のほかに,豊富な森林資源や各種の鉱物資源の開発が行われている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のテラ・フィルメの言及

【アマゾニア】より

…それゆえ,河川勾配はきわめてゆるやかであるし,水深が100mを超えるような深いところもある。この時の湖底が現在テラ・フィルメ(〈堅い土地〉の意)と呼ばれ,大洪水でも浸水しない台地となっている。このような平たんな台地に比べ,右岸から流入する支流の源流地方であるマト・グロッソ州では波状の高原や卓状地が広がっているし,北のギアナ地方には急峻な地形が広がり,そこからの支流には多くの滝がみられる。…

※「テラ・フィルメ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone