コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テル・アビブ てるあびぶTel Aviv

翻訳|Tel Aviv

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テル・アビブ
てるあびぶ
Tel Aviv

イスラエル中西部にある、エルサレムに次ぐ同国第2の都市。地中海に面する海岸平野の中央に位置する。正称はテル・アビブ・ヤッファ。人口35万5900(1995)。もとは紀元前20世紀に始まるといわれる町ヤッファJaffa郊外の農園であったが、紀元後19世紀からユダヤ人が流入して都市を建設した。イスラエル建国(1948)から1949年まで同国の首都で、世界各地からのユダヤ人を迎えて急速に発展し、パレスチナにおけるシオニズム運動の橋頭堡(ほ)としての役割を果たした。1949年にはヤッファから9万人以上のアラブ人を追い出し、翌年テル・アビブにヤッファを吸収して、テル・アビブ・ヤッファと改称した。住民は大部分がユダヤ人だが、ヤッファには少数ながらアラブ人も居住する。イスラエルの経済、産業、文化の中心地で、繊維・食料品・機械工業などが発達するほか、商業活動も活発である。イスラエルがエルサレムを首都とすることを認めない13の国の大使館がある。ハビマ劇場、フヘレナ美術館のあるマン・コンサート・ホールやテル・アビブ博物館、テル・アビブ大学などがある。[高橋和夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

テル・アビブの関連キーワードアブラハム イェホシュアエルサレム(パレスチナ)ピンカス ズーカーマン世界のおもな博物館ラマット・ガンリベスキンドズーカーマンシュヒトマンユダヤ演劇カーネマンアスカロンテルアビブパールマン日本赤軍生物電池ネタニヤハイファラビンハマス立花隆

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android