テレジア(読み)てれじあ(英語表記)Thérèse de Lisieux

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テレジア
てれじあ
Thrse de Lisieux
(1873―1897)

跣足(せんそく)カルメル会の修道女。本名はテレーズ・マルタンThrse Martin。正式な修道名は「幼きイエズスのテレジア」Thrse de l'Enfant Jsusといい、同会の創設者テレサ・デ・ヘスス(大テレジア)と区別して、小テレジアともよばれる。1873年1月2日ノルマンディーのアランソンに生まれ、15歳でリジューのカルメル会に入る。数年間修練長を務めたのち、1897年9月30日、24歳で同地に没した。大テレジア、十字架のヨハネ(クルス)らの伝統を受け、神への愛、隣人愛を幼な子のような純真さで体現した彼女の生涯と魂は、現代における聖性のあり方の一つの理想として、多くの人々の感動をよんだ。[鶴岡賀雄]
『東京女子跣足カルメル会訳『小さき聖テレジア自叙伝――幼きイエズスの聖テレジアの自叙伝の三つの原稿』(1962/改訂第12版・1990・ドン・ボスコ社) ▽福岡女子カルメル会訳『幼いイエズスの聖テレーズの手紙』(1963・中央出版社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ABM

弾道ミサイル迎撃ミサイル。大陸間弾道ミサイルICBMや潜水艦発射弾道ミサイルSLBMを早期に発見・識別し,これを撃破するミサイル。大気圏外で迎撃するものと,おとりなどの識別が可能となる大気圏内で迎撃す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

テレジアの関連情報