テレンス スタンプ(英語表記)Terence Stamp

20世紀西洋人名事典の解説

テレンス スタンプ
Terence Stamp


1939.7.22.(38.、40.説もある) -
英国の俳優。
ロンドン生まれ。
美術学校に学び広告界で働いた後、ウェバー・ダグラス学校で演劇を1年間学び、各地のレパートリー劇場に出演、ロンドンのウェスト・エンドの舞台にも立つ。1962年ローレンス・オリヴィエ主演の「可愛い妖精」で映画デビュー。同年「奴隷戦艦」の主役を演じ、’65年「コレクター」で好演して注目を集めた。’87年には「シシリアン」、「ウォール街」に出演するなど繊細な個性の演技派俳優として映画、舞台で活躍する。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

現代外国人名録2012の解説

テレンス スタンプ
Terence Stamp


国籍
英国

専門
俳優

生年月日
1938/7/22

出生地
ロンドン・ステプニー

経歴
貧民街に育ち、幼い頃から様々な職を経験。セイント・マーティンス美術学校で学び、デザイナーとなる。やがて友人の勧めで演技を学び、各地のレパートリー劇場に出演。1962年「奴隷戦艦」の主役に抜擢され、映画デビュー、同作品の演技が高く評価され、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされる。’65年「コレクター」で好演し、カンヌ国際映画祭主演男優賞を受賞。以後カリスマ性のあるキャラクターで米国、フランス、イタリアなどの映画に出演。’70年代突然映画界から離れて世界を放浪するが、’78年「スーパーマン」で復帰。他の映画出演作に「唇からナイフ」(’66年)、「テオレマ」(’68年)、「プリシラ」(’94年)、「私家版」(’97年)、「スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス」「イギリスから来た男」(’99年)、「エレクトラ」(2005年)、「ウォンテッド」(2008年)などがある。2000年8月来日。

受賞
ゴールデン・グローブ賞新人賞(第20回,1962年度)「奴隷戦艦」;カンヌ国際映画祭主演男優賞(第18回)〔1965年〕「コレクター」

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

4低男子

女性が結婚相手に望む理想の男性像の一つ。「4低」は、女性に対して威圧的な態度を取らない「低姿勢」、家事や子育てを分担して妻に依存しない「低依存」、堅実な仕事に就きリストラに遭うリスクが少ない「低リスク...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android