コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーパリングクラウド テーパリングクラウドtapering cloud

2件 の用語解説(テーパリングクラウドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーパリングクラウド
テーパリングクラウド
tapering cloud

風上に向かってしだいに細く毛筆状になっている積乱雲域。細長い三角形状の発達した対流雲域を,気象衛星画像上での形状からテーパリングクラウド(穂先状の雲)またはにんじん状の雲と呼ぶ。テーパリングクラウドは,特に穂先部分で,豪雨,突風,竜巻ひょう乱気流およびマイクロバースト等の激しい現象を伴うことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

テーパリングクラウド

風上に向かってだんだん細くなる(テーパリング)積乱雲域。その形からにんじん状の雲とも呼ばれる。大雨や突風を伴うことが多い。

(2009-07-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone