テーパリングクラウド(英語表記)tapering cloud

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「テーパリングクラウド」の解説

テーパリングクラウド
tapering cloud

風上に向かってしだいに細く毛筆状になっている積乱雲域。細長い三角形状の発達した対流雲域を,気象衛星画像上での形状からテーパリングクラウド(穂先状の雲)またはにんじん状の雲と呼ぶ。テーパリングクラウドは,特に穂先部分で,豪雨突風竜巻ひょう乱気流およびマイクロバースト等の激しい現象を伴うことが多い。日本付近では一般的に海上において,低気圧中心付近や前線近傍や暖域に発生することが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「テーパリングクラウド」の解説

テーパリング‐クラウド(tapering cloud)

《テーパリングは「先細の」の》⇒人参にんじん状雲

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ワールドカップ

4年ごとに開催されるサッカーの世界選手権。国際サッカー連盟(FIFA(フィファ))が主催し、その加盟協会の代表チームによって争われる。[大住良之]概要FIFA傘下の6地域連盟ごとの「予選大会」と、それ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android