コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テーパリングクラウド テーパリングクラウド tapering cloud

2件 の用語解説(テーパリングクラウドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テーパリングクラウド
テーパリングクラウド
tapering cloud

風上に向かってしだいに細く毛筆状になっている積乱雲域。細長い三角形状の発達した対流雲域を,気象衛星画像上での形状からテーパリングクラウド(穂先状の雲)またはにんじん状の雲と呼ぶ。テーパリングクラウドは,特に穂先部分で,豪雨,突風,竜巻ひょう乱気流およびマイクロバースト等の激しい現象を伴うことが多い。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

テーパリングクラウド

風上に向かってだんだん細くなる(テーパリング)積乱雲域。その形からにんじん状の雲とも呼ばれる。大雨や突風を伴うことが多い。

(2009-07-26 朝日新聞 朝刊 1総合)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テーパリングクラウドの関連キーワード血管シャチブリ勝手次第束になって掛かるテーパードパンツ天に向かって唾を吐く姫蕨四隅餅和針虹に向かって走れ

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone